珈琲豆がなくなったとき

珈琲豆がなくなるのってたいてい、いつも買っているお店の定休日だったりします。
不思議だけど。

で、撮影で絶対に必要なレンズを忘れたりするのも、そのレンズがぜったいに必要な時だったりします。
(んなことはないか(笑))

レンズを忘れたことはありませんが、プライベートでレンズを持っていくか迷ったことがあって、
いっそ、もっていかなかったらどんなカットを見つけるんだろうと、もっていかなかったことがあります。

それはそれは脇に汗はかくし、額にも汗はかくし。
でもね、でも、とってもいいカットが生まれたんですよね。
それはあるものがないから、どうするかから生まれた新しい視点。

いつもあるべきものを慈しむことも大切だけど、
あえてそれと距離を置いてみることも大切。

そうすると新しいアイデアが生まれたりする。

それは人間関係も同じなのかもしれませんね。


DSC_7308.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

8photo

Author:8photo
人物、風景、料理を中心に撮影しているプロカメラマンです。このブログでは仕事そっちのけで、エロかっこいい写真とかを追求していきます。

たとえばこのプロフィール写真。砂肝を干しているだけなんですけれど、なんか艶めかしくないですか?見方を変えるとこんな何気ないカットも煌いてきます。そんな世界をちょっとだけ紹介していけたらと思っています。

モデルさんを随時募集しています。
応募フォームからご応募ください。

撮影のご依頼はこちらからどうぞ!

ご連絡お待ちしております!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR