うれしい依頼がありました

先日、被写体さんを募集したところ、私の写真が好きなので撮影してもらったら少しでも自分に自信が持てるような気がする、とご連絡をいただきました。自分の作品をご覧になって、「撮影されてみたい」「自分の知らない自分と出会えて、もしかしたら少し自分に自信が持てるかもしれない」って思ってもらえる。ほんとにうれしかったです。

写真もムービーも撮影されることに抵抗がある方がほとんどですよね。それは自分のイメージと違うものが形として残ってしまうから、だと私は思っています。自撮りが盛んになったとはいえ、自分のイメージとのギャップはやはり嫌なものですよね。映像についての違和感があまりない方でも、自分の声を録音すると「ん?」という違和感とともに、ちょっぴりの恥じらいが出てきたってことは思い出にありますよね。それと同じなのかもしれません。

ご連絡いただいた方は体形も具体的に気にしていて、肌の状態などについても詳細に送ってきてくれました。それだけ自分のことを観察してるっていうことなんですよね。自分のウィークポイントと思っている場所が、一枚の写真でベストポイントへと変わるとしたら。鏡を見る気持ちがかなり変わるんだろうなと思います。

それだけのことを考えて被写体の応募をされた方と撮影する。こちらも緊張してしまいそうですが、私はあまり緊張しないんです。むしろ、フロー状態(かなり集中して作業する、脳が活性化している状態)になることがほとんどです。話をしながら、なんでそんなにマイナスイメージを持っているんだろうと考えながら、嫌いな部分の見せ方を考えることに徹します。

写真って構図だと、私は思っています。どんな画像処理がたけていても、どんないいマシンを使おうと、その人が見つけたカットがないと、写真には生命が宿っていないと思っています。何かを伝えたいから写真を撮る。その何かを伝えているだろうと納得できるカットを見つけること、それが写真を撮ることであり、撮影する意味だと思っています。

だから、被写体さんが「いやだな」と思っていることにクローズアップして、見方を変えてあげるカットを探す。それができれば、撮影は成功したんだろうなって思います。人間、誰しもコンプレックスを持っています。でも他人から見ればそんなコンプレックスなんて弱点ではなくって、魅力だったりする。写真はムービーと違って一瞬を切り取ります。だから、その瞬間に説明を加えると頭の中で写真は動き出し、きらきらと輝きを増していく。被写体さんにとっても嫌いな部分を、いままで見たことがないカットで見せてあげて、「えっ?こんな美しい見方もあるの?」と思ってもらえれば、写真はもっと動き出し、自分のことを少しだけ好きになるんだろうなって思います。自分のことをずっと見守っている人って実は自分なんですよね。だから好きな方がいい、と私は思います。

そんな1枚が取れると被写体さんも、そして私も自分のことが好きになりますよね。カメラマンってそんな仕事なのかもしれませんね。

DSC_0187.jpg

※こちらの写真はイメージで、この話に出てきた被写体さんとは関係ありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

8photo

Author:8photo
人物、風景、料理を中心に撮影しているプロカメラマンです。このブログでは仕事そっちのけで、エロかっこいい写真とかを追求していきます。

たとえばこのプロフィール写真。砂肝を干しているだけなんですけれど、なんか艶めかしくないですか?見方を変えるとこんな何気ないカットも煌いてきます。そんな世界をちょっとだけ紹介していけたらと思っています。

モデルさんを随時募集しています。
応募フォームからご応募ください。

撮影のご依頼はこちらからどうぞ!

ご連絡お待ちしております!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR