やっぱりヌードが好きなんです

男女問わずに裸体が好きなんです。

たぶんそれは何も隠せないから。
ありのままだから。

DSC_4279.jpg


この写真が好きだなー。
こんな写真が撮れるならどれだけの時間を費やしてもいいかと思います。
(とはいいながら、やっぱり無限にかかるのはいやですけどね)

モデルさんもいろいろ。生活のためにやっている子、自己表現のために脱ぐ子、精神的に病んだ穴から抜け出るため、だったり。脱ぎ方もいろいろ。えい!って気合を入れて脱ぐ子、トイレで脱ぐ子、話しながら普通に脱ぐ子。

背景にあるもの、心の奥に抱えているもの、なんとなくいいものなのか、悪いものなのかがわかってくる。でもどうしようもしてあげられないんですけどね。それを聞いてあげることぐらいしかできない。聞いてあげることしかね。

また、誰かと会うでしょう。
美しい体をした女性と。

彼女と会うたびに、いろいろなことを考えます。


スポンサーサイト

ピントは外してもいいもの。

なんですよね。
全ピン入れてっていうけどさ。

ピントは入れなくてもいいんだと思うと、それで表現の幅は天文学的に広がる。

ね? なんか解き放たれるでしょ。DSC_4533.jpg

むしゃくしゃした時に見ます

このモデルさん、ネガティブシンカーなんです。
事あるごとに「私なんか……」と続けるんですよ。
モデルをしているのに、こんなにネガティブな人ってなかなかいなくって。

で、一生懸命笑わせようとします、バカですよね。
でも、笑わせて、その後ご飯にいって、めちゃくちゃ笑わせます。

こんな素敵な表情もするのに、食事中にカットを見て、
やっぱりいうわけです。

「私なんか」って(笑)。

めんどくさい女ですけど、そんなめんどくささがたまらなくよくもあります。

DSC_4257.jpg

若さっていうこと。

粗削りにもほどがある。
構図とか、陰影とか。

若さってこうゆうことなのかな。

DSC_4244.jpg

裸体へのアンチテーゼ

美しいものにはトゲがある。

この言葉には誤解があるんだろう、といつも思う。

誰しもトゲなるものは持っている、ただ、美しいとそこに目がいかない。
だからこそ、トゲを見つけたときの驚きが大きいのだろうと。

写真を撮っていると、そのトゲを探すことがよくある。
トゲこそが美であり、甘美のもとだったりするからだ。

このモデルさんも、根性焼きというトゲをもっていた。
かなりの数。何で?と聞くと、イライラしちゃったからと。

ものすごく均整の取れた体で、体脂肪率もたぶん一桁台。
美しい体。なのに、タバコで焼を入れている。
言葉を選ばないと、タバコで汚していると書いてしまいそうになるほどに、
美へのアンチテーゼが、体にある。

そのアンチテーゼに出会えることが、写真を撮る、ということなんだろうなとふと思う。

DSC_7262.jpg

たくさんのモデルさんに会いたいので、
いいねをお願いします!

プロフィール

8photo

Author:8photo
人物、風景、料理を中心に撮影しているプロカメラマンです。このブログでは仕事そっちのけで、エロかっこいい写真とかを追求していきます。

たとえばこのプロフィール写真。砂肝を干しているだけなんですけれど、なんか艶めかしくないですか?見方を変えるとこんな何気ないカットも煌いてきます。そんな世界をちょっとだけ紹介していけたらと思っています。

モデルさんを随時募集しています。
応募フォームからご応募ください。

撮影のご依頼はこちらからどうぞ!

ご連絡お待ちしております!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR